FC2ブログ

pure*pure カナダ | カナダ・バンクーバーの現地情報と日常をUpdateしていきます。

プレイオフ終わりました

半年間のレギュラーシーズン+約2か月のプレイオフを終え、
バンクーバーカナックスはあと一歩およばず
スタンレーカップ獲得を逃しました。(T_T)

ボストンの選手たちがカップと取り囲んで記念撮影を
しているのを見ると、あれがカナックスだったらな~と
思わずにはいられないけど、試合後ボストンの選手と
握手を交わしているのを見ると、この2か月間
カナックスには心底楽しませてもらったことに
感謝感謝です。

チャンスは毎年あるのだから、また来シーズン
頑張ってほしいですね。



それよりも、今回またバンクーバーでは負け試合の
あとの暴動が起こってダウンタウンはまためちゃくちゃ…。

最初は一握りの酔っ払いがやったように見えたけど、
便乗した人間もいたようだし、本当に本当にガッカリです。
(それでもダウンタウンに集まったほとんどのファンは
善良で、この痛ましい状況に気を落としているけど)

カナックスのジャージは着てるけど、彼らは真のホッケー
ファンとは言えないし、酔っぱらって何か理由をつけて
暴れたいだけ。

1994年の時はロブソンStのショップが次々に破壊され
たけど、今回はデパートのBay、モントリオール銀行、
ロンドンドラッグ、TDバンク、グランビルStのショップ、
ホテルバンクーバーなど、ジョージアSt界隈の被害が
甚大です。
Bayなんて歴史ある建物なのに、彼らの放火で
危うく大火事になりそうな場面もありました。


こんな状況を見ると、私は確かにカナックスファンで
スタンレーカップを獲れることは夢だけど、負けるたびに
バンクーバーの街が破壊されるなら、もうファイナル進出は
なくてもいいんじゃないかと思えてくる。
それくらいひどいです。


1994年のときと違うよい点は、めちゃくちゃにされた街を
きれいにしようと、一般市民が立ち上がっていること。
出勤前に自主的に集まった人たちはもちろん、
Facebookでも清掃を呼びかけがあり、みんなの手で
少しずつきれいになっています。
私も出勤前に行って少し手伝ってきました。



それから、ジョージア×シーモアのあたりだったか、
割れた窓ガラスの代わりに臨時に用意された木製ウォールが
並んでいるのだけど、人々がマーカーを持ち寄って、
バンク―バーの街やカナックスへの思いをウォールに
書き込んでいます。
近くを通る方はぜひ一言思いを書いてくださいね。


バンクーバー市警では、昨日の暴動の様子の写真や
動画の提供を広く呼びかけています。
お持ちの方はこちらのページから提供をお願いします。

→写真提供呼びかけのページへ



木製ウォールのメッセージ
4958654.jpg
     Photo Credit: Darryl Dyck, The Canadian Press



※16日14:40現在
ボランティアの人たちの頑張りもあり、現在路上などに散らばった
ゴミやガラス片はすべて片づけられ、綺麗になっています!

Posted by PURE on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

Richie says..."No title"
本当に残念な結果になりましたね。
試合結果より、試合後のダウンタウンが。。。

便乗してた人達、笑って写真を撮っている人人達。
見ていて怒りがこみ上げて来ました。
17年前から学ばなかったのでしょうか。。。情けない話です。

そんな中、市民が立ち上がって街を綺麗に片付けている、ほんとうのバンクーバーは違うんだという姿を見て、救われています。

でも本当はこんなふうに壊した人達に片付けてもらって、ダメージを支払って、罪を償うべきだと思います。

ニュースでは、二度もこんなことが起きたのだから、バンクーバーからNHLチームを撤退させるべきだというコメントも出ています。
真のホッケーファンじゃない心ない行動は、人々を悲しませるだけ、何よりも頑張って来たカナックスの選手達が気の毒です。

警察や消防隊も一生懸命だったとは思うけれど、警察や市もここまでになるまでに、もっと事前に何かできたのではないかと疑問もあります。

長くなりましたが、トモミさん、クリーンアップお疲れ様でした。私も息子の学校がなかったら、参加したかったです。
自分達が住む街、もっと大切にするべきです。
2011.06.16 13:55 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
結果的にこんな醜態をさらすことになって、
今シーズン頑張ってきたカナックスの選手たち、
一丸に盛り上げてきた純粋なファン、市やコミュニティーの
結束はすべて水の泡となりましたね。
あの日から一晩空けて、1日にして変わり果てた街を見て、
昨日までの平和で純粋にホッケーを楽しむ街は
どこに行ってしまったのだろうと悲しくなりました。

今回の莫大な被害を誰が保障するのかという質問をニュースで
見ましたが、Richieさんの言うとおり、破壊活動をした張本人たちに
償わせるべきですよね。
そうでないと、何かあるたびにこんなバカげたことが許されると
勘違いしたままになるでしょうし。


昨日のバンクーバー市警の発表では、率先して破壊活動をおこなって
いた連中の顔ぶれは、去年のオリンピックの初日に起こった
反対派のデモのときに同じようにBayなどに被害を与えた連中と
同じの可能性が高いとのことでしたね。
オリンピックやホッケーにかこつけて、過激な行動を起こしたい
だけなんだと思います。


一方で、ニュースであんなクレイジーな連中の前に立ち向かって
ショーウィンドウやお店が壊されないよう必死に守っていた
ファン達や、そこらじゅうに散らばったゴミを一人で拾う
アジア人の男の子がいたことを知って涙が出ました…。

昨日は1000人以上のボランティアが清掃に参加し、Facebookでは
「まだほかにやれることは?」と問いかける人たちもいますね。
ニュースや新聞は大々的ニュースにするために「ファンが暴動」と
書いて片づけているけれど、本当のファンはこうやって頑張って
いるんですよね。Rioterなんかじゃないです…!
2011.06.17 15:52 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://purecanada.blog.fc2.com/tb.php/51-10b1753b
該当の記事は見つかりませんでした。