FC2ブログ

pure*pure カナダ | カナダ・バンクーバーの現地情報と日常をUpdateしていきます。

プリンスエドワード島③ アン以外の見所♪

PEI2012 (183).jpg

プリンスエドワード島3日目です。
今回は本当に連日お天気に恵まれました~~。^^

PEI2012 (188).jpg
早起きしたのでホテルの近くをお散歩。清々しいです。

昨日は赤毛のアン一色だったので、今日は一転して
アンとはあまり関係のない部分の島の魅力を見てまわる
“北海岸ハイライト”というツアーに参加しました。

PEI2012 (194).jpg
まずはメープルのマークのついた可愛い灯台。
灯台めぐりは人気で、灯台だけを見てまわるツアーもあるみたい。

PEI2012 (197).jpg
プリンスエドワード島のフルーツでジャムを作る工場。
この日は日曜だったので工場はお休みだったけど…。

PEI2012 (199).jpg
工場内のお店でしばしショッピングタイム。島のジャムと
お茶を試食しながら購入できます。ここのジャムは洋酒で
煮込んであって、甘すぎず爽やかな美味しさでした。

PEI2012 (201).jpg
イギリスから輸入しているカップのコレクションも!
どれも可愛くて目移りします。(´д`*)


PEI2012 (203).jpg
ここだけ赤毛のアン関連に戻るけれど、ランチはBlue Windsと
いうこの島に長く住む日本人の方が経営するティールームで。
赤毛のアン当時の島の人たちのお菓子レシピを再現して日本で
レシピ本を出しているそう。島の人たちもよくお茶しにきてました。

PEI2012 (205).jpg

PEI2012 (206).jpg
美味しいサンドイッチと、デザートはモンゴメリが実際に
書き残したレシピを再現したニュームーン・プディングで、
このお店の一番人気。
ふわふわのメレンゲの下がプディングになっています。
デザートは他にもいろいろある中から選べます♪


PEI2012 (208).jpg
ランチの後は島ののどかな風景を求めてさらにドライブ。
馬がのんびり過ごすカワイイ農場です。
この島の動物は幸せそう…。(´∀`)

PEI2012 (210).jpg
プリンスエドワード島でもどんどん道路の舗装が進んで、
赤土の道が少なくなってきているそう。

PEI2012 (213).jpg
島の灯台の中でも一番人気という、ケープ・トライオン灯台。
灯台に行くにはこの私道しかない上、年々雪嵐などで道が傷んで
きていて最近では車ではこれ以上はなかなか近づけないそう。
かと言って歩ける距離でもないらしく、ここから眺めました。

PEI2012 (193).jpg
島ではタンポポがいたるところに咲いていました。白い桜も
よく見かけたかな。花の季節はまだまだこれからということで、
夏はもっといろんな種類の花で色とりどりになるそうです。


他にも何箇所かツアーでまわりつつ、シャーロットタウンへ
戻りました。
広いエリアを効率的にまわれるのはツアーのよいところ!

今回はプリンスエドワード島の観光スポットがやっと再オープン
したギリギリのタイミングだったけど、夏はアメリカなどから
たくさんの家族連れがバケーションで押し寄せる避暑地でも
あるので、人気のエリアはかなり混みあうようです。

そういう意味では、まだ観光客の多くない今の時期は
かなりよかったのでは?と自分で納得中。^^
のんびりした島の風景を堪能できて、今日もまたまた
大満足でした。


PEI2012 (216).jpg
シャーロットタウンに戻って夜ご飯。
この2日間ツアーをご一緒したMさんとダウンタウンの
人気レストランへ。
Mさんは前日まではキャベンディッシュに滞在していて
この日シャーロットタウンに移動してきました。
私も1泊ぐらいキャベンディッシュに泊まればよかったかな~。

実はツアーは2名から催行可能だったので、希望者が私一人で
中止になったらどうしよう…と思っていたけれど、Mさんが
参加してくれて無事催行されたんですね。
とってもいい方で、今回ご一緒できて本当によかった♪
一期一会だな~~~。

PEI2012 (217).jpg
プリンスエドワード島の地ビールで乾杯。

PEI2012 (218).jpg
昨日テイクアウトしたシーフード・チャウダーがとても
美味しかったのでここでもまた注文。

PEI2012 (219).jpg
PEI産のビーフを使ったプライムリブ…が大きなオニオンリングの
下に隠れているのだけど見えませんね…。
赤土で育ったPEI産のポテトは甘みがあってもっちりしてて
これまた美味しかったです♪

明日はいよいよプリンスエドワード島とお別れ。
バンクーバーに戻っておみやげ開けます。
Posted by PURE on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

karin says..."No title"
お久しぶりです!
プリンスエドワード島いいねえ☆彡
私も一度は訪れてみたいところだよ(^-^)
イギリス輸入のカップも素敵♪

さて、私の方は5月1日に男の子を出産しました!
坊ちゃんにそっくりです^m^
しばらくは育児で忙しそうだけど、トモミちゃんのブログは楽しみだからちょこちょこお邪魔するね♪
2012.06.03 05:41 | URL | #79D/WHSg [edit]
キムちゃん says..."No title"
トモミさんへ  

初めてメールします!北海道に住むキムちゃんです。

以前よりトモミさんのプログを見つけて楽しく読ませていただいています。
カナダは、新婚旅行以来三度訪れています。

今回☆プリンスエドワード島ツアー☆最高な報告でした!!将来、行くときは参考にしたいです(写真もGOOD)
日本人向けのツアーがあるんですね?食べ物も全部美味しそうです~

「赤毛のアン」シリーズ全部読みました。

今後も楽しいプログ待っています!
2012.06.03 17:47 | URL | #79D/WHSg [edit]
しゅあ says..."No title"
たんぽぽや白いお花たちが可愛くて
5月のPEIも良いですね~♪
私が行ったのは7月末のシーズンまっ只中だったので
アンのお家の中は人でいっぱいでしたよ~。
やっぱり時間が足りなくて、恋人の小路とかおばけの森は
中まで入ることができませんでした。泣
私もキャベンディッシュに一泊したかったな~って
つくづく思いました。。

それにしても、赤土の道が少なくなってきているなんて
なんだか寂しいですね・・・涙
なくなっちゃう前に、また行けるといいな~☆
2012.06.03 21:46 | URL | #79D/WHSg [edit]
maccha says..."No title"
自然あふれる風景、本当に素敵ですね♪
灯台はたくさんあるんでしょうか!そういうのをまわる旅もいいですね。
地ビールに地元の食材が使われたディナーも美味しそうです。o(^▽^)o
ポテトは味が違うのか食べてみたいですね♪
2012.06.03 22:28 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆karinちゃん
まずは無事の出産おめでとう~!!
坊ちゃんに弟が!!
karinちゃんもしばらくまた忙しくなると思うけど、2人目だし余裕
あるかな?^^

プリンスエドワード島、独特の雰囲気がすごくよかったよ!
色とりどりの花が咲く季節にも行ってみたいよ~。
2012.06.04 14:55 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆キムちゃんさん
初コメントありがとうございます♪
ずっとこのブログを見てくださっていたなんて嬉しいです。(*´∀`)
しかもカナダへも3回も来られてるとは!

赤毛のアンシリーズ、全部読まれてるとはすごい!
私は確か最初の3巻くらいまでだったかな…。^^;
PEIの風景は最高でしたよ!
ぜひ旅行で行ってみてくださいね~♪

キムちゃんさん、お名前のあとに“さん”をつけたほうが
いい…ですよね?
2012.06.04 15:10 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆しゅあさん
7月末とは、1年でも最高の季節じゃないですか!
時間なかなかないですよね~。
キャベンディッシュに泊まれば、朝夕の自由な時間帯に、
恋人の小路やおばけの森もお散歩できるのでいいですよね~。

赤土の道は、どんどん減ってきていて危惧する声が地元の人からも
上がっていて、最近はこれ以上舗装しないよう条例で決められた
道もあるそうです。
2012.06.04 15:34 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆macchaさん
本当に自然に育まれた島でした!
灯台は私が見たのは2つだったけど、島のいろんな所にあるみたいです。

PEIの食材はどれも美味しかったですよ♪
そういえば、毎朝のコーヒー用に現地で買ったミルクもPEI産で、
甘みがあっておいしかったですよ!
ポテトはバンクーバーのポテトとは比べ物にならないほど!^^


2012.06.04 15:41 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://purecanada.blog.fc2.com/tb.php/17-da7625d2
該当の記事は見つかりませんでした。