FC2ブログ

pure*pure カナダ | カナダ・バンクーバーの現地情報と日常をUpdateしていきます。

冬のロンドン&パリ DAY1

1年前から計画を立てていたロンドン&パリ旅行。

今回は日本にいる実妹と現地で待ち合わせて、
一緒に現地をまわりました。^^



が。出発当日、早くも予想外のハプニングが~~!(涙)


海外旅行をするときに、急にフライトに変更が出たり
するときには、多少参考になる話かも?しれません…。


(長い記事なので、お時間のあるときにどうぞ♪)



j0434139.jpg

出発の2日前、ロンドンでは18年ぶりの大雪を観測。
飛行機も市内の交通も大混乱というニュースが
カナダでも流れました。

私の出発当日も飛行機がちゃんと飛ぶかどうか
(英国航空・ロンドン直行便)、朝からネットで
たびたびチェック。
『オンタイム』とあるので、大丈夫と思っていました。



ところが空港に向かう数時間前になって、
携帯電話に着信。
英国航空からでした。


「大雪の影響で本日のフライトは欠航です。
次にお席を取れるのは3日後の便。もしくは
今からシアトルに向かえるなら、シアトルからの
直行便に振り返ることも出来るけど、どうします?」


えええぇぇぇぇ。
突然のことでどうしたらいいか、ちょっと頭が
クラクラしたけど、シアトル経由でロンドン入り
することを決心。

バンクーバー⇒ロンドン直行だったのが、
バンクーバー⇒シアトル⇒ロンドン と変更に。


シアトル発の直行便に乗るなら、2時間後には
バンクーバーを経ちシアトルに向かわなくては
間に合わない。


そして次の1時間で、

英国航空に電話して手続き
 
 ↓

エアカナダにシアトル便の手続き

 ↓

オフィスから家に戻る(スーツケースを置いていたので)

 ↓

急いでPCを立ち上げて、米国経由のためのESTAの申請
(初めてだし面倒くさい…)

 ↓

その間にタクシーを呼ぶ

 ↓

ESTAの申請完了

 ↓

タクシーに飛び乗る

 ↓

バンクーバー空港到着
(この時点でシアトル便の出発まであと50分)




真冬なのに汗をかきつつ、エアカナダのチェックイン
カウンターに行くと、


「チェックインできません。」


シアトル便の出発まで1時間を切っているからと
なんとチェックインを断わられました。


もう力が抜けそうになったけど、
ロンドンに行くはずだった便が急に欠航になったこと、
それでシアトル経由に変更になったこと、
これでも全力で空港に駆けつけたこと、
現地では妹が待っていること、
どうしても今日ロンドンに行かなければいけないことを、
必死で説明。

するとスタッフは少しカウンターの奥で何かを確認し、


「OK。チェックインはしましょう。
でも間に合わなければ乗れないし責任は取れません。
あとは自分で必死で走って搭乗ゲートに行ってね。」

とのこと。

必死にアメリカ入国カードを記入し、汗だくに
なりながら、アメリカ入国審査を受け、セキュリティを
超えて、遠い遠い搭乗ゲートまでひたすら走りました。

こんなときに限って手荷物がセキュリティでひっかかり
中身を詳しくチェックされるし…。
まあ汗だくで急ぎ足で来たら怪しいですよね~。
でも急いでるのよーーー!(>_<)


やっとの思いでよろけながらゲートにたどり着くと、
搭乗が始まる10分前でした。

間に合ったああぁぁーーーーーーーーー。


のどがカラカラなのに気づき、あわてて売店で水を購入。

妹にフライトの変更を知らせなくてはいけないので、
急いで日本にも電話。(日本は早朝)


そんなこんなで小さなプロペラ機に乗り込み、
シアトル空港に何とか到着。

シアトル空港・国際線ターミナルの英国航空の
カウンターで確認すると、手続きしたとおりに
席が取れているとのこと。

ここでようやく、ホッとしました…。


trip0209.jpg
やっと気持ちに余裕ができ、写真を1枚撮る。
シアトル空港、ロンドン便の搭乗ゲート付近。



結局シアトルからのロンドン便も、予定より
1時間半ほど遅れての出発でした。

ロンドンはやっぱりかなり悪い状況なのか…。



trip0209 (1).jpg
英国航空の機内の様子。ほぼ満席。


英国航空、10数年ぶりに乗ったけど、
各席のモニターで観る映画や番組、正直全然
面白いものがなかった…。
iPodで動画を観て過ごしました。

0902 051.jpg
機内食はチキンパスタ。まあまあ…かな?



ここでまたまた、ちょっとしたことが。


私の隣りは空席だったのだけど、離陸して数時間後に
「その席に座ってもいい?」と黒人男性が聞いて
きました。
その向こう隣りには人が座っているので、この男性が
座るとなると超満席状態。
なにより、なぜあえて真ん中のきゅうくつな席に
座りたがるのか不思議でした。

私が返答に困って「なんで?」とか聞き返していると
キャビンアテンダントが2人来て、「席を探しているなら
こちらで用意するから」とかなり強引にその乗客を、
どこかへ連れて行きました。


うーん、何だったんだ???


と思ったものの、それ以上何もなかったので
そのあとは気にならなかったのですが、
ロンドンに到着して飛行機を降りるときにビックリ。


その男性、係員に連行され空港の保安官に
引き渡されていました・・・・・。

係員の手には、透明のビニール袋に入った数々の品。
機内で窃盗??

やたらとあんなド真ん中の席に座りたかったのは、
身をひそめたかったから?

それか、スキのありそうなアジア人女(私)が
目に留まり、格好のカモになっていたのかな?^^;
(北米⇔欧州線はアジア人の乗客がとても少ないので)

何も起こらなかったのでよかったです。



念願の(笑)、ロンドン・ヒースロー空港に到着!!

trip0209 (2).jpg
ヒースロー空港、 第5ターミナルのスーツケース受け取りエリア。
1年前に出来た新ターミナルなので、とてもキレイ♪



第5ターミナルから、妹が到着する第3ターミナルへ。
待ち合わせの目印になるものが何もないので、
ちゃんと会えるか心配だったけど、10分もしないうちに
妹が到着ロビーに現れて無事に再会!
よかった~~~。



trip0209 (3).jpg
空港内にあるヒースロー・セントラル駅。
空港とロンドン市内を結ぶ電車が発着します。



ここから電車で市内のパディントン駅まで。
30分で到着しました。

trip0209 (4).jpg
パディントン駅のショップやカフェがあるエリア。


trip0209 (5).jpg
“パディントン・ベア”もこの駅にいます♪


翌日の明日の朝にはパリへ向かう予定なので、
利便性を優先して、この日はパディントン駅に
直結しているヒルトンホテルに宿泊。

駅直結だと移動も少なくて本当に便利!
やっとひと休みできます~~♪


trip0209 (6).jpg
ツインルーム。と言っても、ベッドがくっついてるので
ダブルみたい…。冷蔵庫などのバーエリアや
クローゼットはまた別にあるので、かなりゆったり。
天井も高め♪


trip0209 (7).jpg
バスルーム。シャワーブース付き。バスローブもあり。

trip0209 (8).jpg
アメニティグッズ。歯磨きセット以外は揃ってます。
ソーイングキット、靴磨きなどもありました。
バーカウンターにあるコーヒー、紅茶、水ボトルは無料。
湯沸しポット、コーヒーメーカもあってとても便利♪



ホテルに着いてちょっとひと休みすると、時間は
夕方の5時くらいでした。

このまま部屋にいるのも時間がもったいないので、
パディントンから地下鉄で2駅のノッティングヒルまで
行ってみることに。

ロンドンの地下鉄は、乗りなれない人にも
分かりやすくて感動!


trip0209 (9).jpg
ノッティングヒルに到着。

街なかはほとんど雪はなく、ちょっと道に
残っている程度で拍子抜け。
でももう外は暗くて、かなり寒かった…。
この時間はお店もあまり空いてなかったです。

trip0209 (10).jpg
かわいいピザ屋さんのショーウィンドウ。

trip0209 (11).jpg
目にとまった古いビル。いい雰囲気。


ノッティングヒルを歩いて通りぬけ、そのまま
別の駅から地下鉄に乗ってパディントンに帰宅。

夜はホテルのすぐ近くにあるマークス&スペンサーで
サンドイッチとフルーツを買って、部屋で食事。

1日ホントに長かった~~~。
やっぱり疲れたな。
時差ボケなくちゃんと眠れるといいけど……。




::DAY2へ続く♪::
Posted by PURE on  | 10 comments  0 trackback

10 Comments

mico says..."No title"
すごいですね~、珍道中ですね~(笑)
いや、思わず読みながら笑ってしまった・・・(すみません、Tomoiさんは必死ですよね。。。)
けれど、なんだかそんな感じが”旅行”の醍醐味(?)。私もどこに行くにも何かしらのハプニングがつきまとい。。。
けれどそんなバタバタの後に見るイギリスは素敵ですね~。優雅ですね~。
続きを楽しみにしています♪
2009.03.02 03:42 | URL | #79D/WHSg [edit]
elastika says..."No title"
ロンドン大好きです。
あ~なんか懐かしい!
行きたくなってきました。
あの適当な不自由さがいいっすイギリス!
2009.03.02 08:57 | URL | #79D/WHSg [edit]
karin says..."No title"
のっけからすごいことになったねえ!!
私なら「欠航です」の段階であきらめてるかも~(・vv・)
妹さんとも無事にあえて良かった良かった♪
それにしても、ヒースロー空港がめちゃめちゃ綺麗になってて驚いたw(°o°)w 
ノッティングヒルも素敵ね♪
昔「ノッティングヒルの恋人」を映画で見たけどそのまんまの景色だね。
画面からイギリスの香りがして堪能できたよ~~☆彡
続きも楽しみにしてます(・-・*)
2009.03.03 00:23 | URL | #79D/WHSg [edit]
ふみ子 says..."No title"
ロンドン到着前に、ものすごい大冒険をされているじゃないですかっ!!!いやあ、シアトルに行くまでの道のり、困難でしたね(涙)臨場感が伝わってきました。私だったら、ちょっとくじけていたかも…トモミさん、尊敬します!それに機内で窃盗犯が出没するなんてあるんですね…真中に座ろうとするなんて、ちょっとおかしい!ご無事で何よりです。
ロンドンの風景は、やっぱり素敵ですね♪続きを楽しみにしてます☆
2009.03.03 05:59 | URL | #79D/WHSg [edit]
Richie says..."No title"
大変なことになっていたんですね!
私だったら、欠航と決まった時点であきらめていたかも。でも家族が待っているとなると話は別ですね。
無事に妹さんと合流できて良かったです。

それにしてもやっぱりヨーロッパは建物に味がありますね。。。
ヨーロッパには行ったことがないけれど、ホント、いつか行ってみたいです。
シアトルからロンドンまでは何時間ですか?
2009.03.03 09:59 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆micoさん
ふふふ、私も自分で記事書きながら、苦笑いしちゃいます。
今回は出発前に一番焦ってしまいました!
こういうスリルもmicoさんの言うとおり、旅の醍醐味ですよね。
こうやってよい経験(笑)をしていくというもの。
ロンドンに到着した時の喜びはひとしおでした。^^

micoさんの珍道中も今度聞いてみたいなあ~。
2009.03.03 10:58 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆elastikaちゃん
そっか!elastikaちゃんはずっと英国在住だったもんね!
あの頃メールもらったの、懐かしいよ~。
これから載せていく写真の中で、elastikaちゃんの
お気に入りの場所なんかも出てくるといいけど…。
オススメの場所、旅行の前に教えてもらえばよかったああぁぁ。
2009.03.03 11:02 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆karinちゃん
いやあ、今回はホント出だしが大変だよ…。
現地に着くまではなんかヒヤヒヤしっぱなしだったしね。
現地集合というのは、いろんな意味で大変だわ!(笑)

のちほど、「ノッティングヒルの恋人」でヒュー・グラントが
働いていたトラベル・ブックストアの写真も載せる予定だよ♪
私もあの映画、好きだったんだ~。^^
2009.03.03 11:13 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆ふみ子さん
今回はホント、ロンドンまでの道のりが長かったです…。
窃盗犯?については、何をしでかしたのかまでは
分からないんですけどね~。
でも本当に窃盗だとしたら、機内での犯行なんて
一番成功率低いですよね。
密室ですから…。^^;

歴史のないバンクーバーに住んでいるので、ロンドンの重厚な
街並みはなおさら圧巻でした!
日常と違う空気に触れられるだけで、旅行っていいなあと
実感しますよね♪
2009.03.03 12:42 | URL | #79D/WHSg [edit]
トモミ says..."No title"
☆Richieさん
フライトの遅れはちょっと気になっていたんですが、
雪の日から2日後でも欠航になるとは予想外でした…。
私も妹と待ち合わせじゃなかったら、欠航の時点で
断念してたような気がします。^^;
でも実際は行ってよかったです♪

ヨーロッパの街並みには心洗われます。
地元の人もオシャレが板についていて(決して派手ではなく)、
とてもステキでしたよ♪

シアトル⇒ロンドンは、多分Vanからの直行便と同じくらいの
距離だと思うので、行きは8時間半くらいでしょうか。
帰りは1時間長いんですよね~。^^;
2009.03.03 12:47 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://purecanada.blog.fc2.com/tb.php/109-49960df9
該当の記事は見つかりませんでした。